日経メディカルのロゴ画像

消化器癌のリキッドバイオプシーは腫瘍検体より検査結果返却までの期間が短縮、より多くの患者が治験に参加可能

 国立がん研究センター東病院は、消化器癌で、患者の血液を用いて癌のゲノム異常を検出する検査(リキッドバイオプシー)を治験のスクリーニングに取り入れた結果、従来の腫瘍組織を用いた検査より、迅速に検査結果が返却されること、その結果より多くの患者が治験に登録できたことをこのほど世界で初めて示した。国立がん研究センター東病院消化管内科長の吉野孝之氏、トランスレーショナルリサーチ支援室・消化管内科の中村能章氏らが行ったGI-SCREEN-JapanGOZILA Studyの結果示された。

この記事を読んでいる人におすすめ