日経メディカルのロゴ画像

EGFR-TKI不応T790M陽性進行肺腺癌へのオシメルチニブとベバシズマブの併用はPFSを延長せず【ESMO2020】

 EGFR-TKIに不応となった T790M 陽性進行肺腺癌にオシメルチニブベバシズマブを併用投与しても、オシメルチニブ単剤よりも無増悪生存期間(PFS)を延長できない可能性が明らかとなった。国内で実施された無作為化フェーズ2試験であるWJOG8715L試験の結果示された。9月19日から21日まで開催されたESMO VIRTUAL CONGRESS 2020で、仙台厚生病院の戸井之裕氏が発表した。

この記事を読んでいる人におすすめ