日経メディカルのロゴ画像

早期EGFR変異陽性NSCLCの術後補助療法でオシメルチニブは中枢神経系でも高い再発抑制効果【ESMO2020】

 早期のEGFR変異陽性非小細胞肺癌(NSCLC)への術後補助療法としてのオシメルチニブの再発抑制効果は、中枢神経系でも高いことが明らかとなった。また、オシメルチニブは局所再発、遠隔再発のどちらも抑えることが明らかとなった。IB期、II期、IIIA期のEGFR変異(del19/L858R)陽性NSCLC患者を対象に、オシメルチニブ投与が有意に無病生存期間(DFS)を延長することを示したフェーズ3試験であるADAURA試験の、再発部位の解析で明らかになった。

この記事を読んでいる人におすすめ