日経メディカルのロゴ画像

EGFR変異陽性進行NSCLCへのエルロチニブとラムシルマブ併用療法の効果は変異型に関わらず全体と同等【ESMO2020】

 EGFR変異陽性進行非小細胞肺癌(NSCLC)に対する1次治療として、エルロチニブラムシルマブの併用療法の効果は、変異型がエクソン19欠失型(del19)とエクソン21のL858R型(L858R)のどちらも、全体(ITT)と変わらず同等の有効性を示すことが明らかとなった。フェーズ3試験であるRELAY試験の変異型別の効果と安全性に関する解析の結果示された。

この記事を読んでいる人におすすめ