日経メディカルのロゴ画像

EGFR-TKI後のEGFR T790M変異陽性NSCLCへのオシメルチニブ投与は化学療法よりもOSを有意に延長できず

 EGFR-TKIによる治療で進行したEGFR T790M変異陽性非小細胞肺癌(NSCLC)に対するオシメルチニブ投与は、白金系抗癌薬併用療法(ペメトレキセドとシスプラチンまたはカルボプラチン)よりも全生存期間(OS)を有意に延長できなかったことが明らかとなった。EGFR T790M変異陽性NSCLC患者を対象に、第3世代のEGFR-TKIとプラチナダブレットを比較した初の無作為化比較フェーズ3試験であるAURA3試験のOSの最終解析の結果示された。Annals of Oncology誌に8月27日に掲載された。

この記事を読んでいる人におすすめ