日経メディカルのロゴ画像

デュルバルマブと化学療法との併用療法が進展型小細胞肺癌を対象に承認

 アストラゼネカは8月21日、抗PD-L1抗体デュルバルマブと化学療法(エトポシドおよびカルボプラチンまたはシスプラチン)との併用療法が、進展型小細胞肺癌(ES-SCLC)を対象に厚生労働省に承認されたと発表した。

この記事を読んでいる人におすすめ