日経メディカルのロゴ画像

切除可能食道・食道胃接合部癌の術後補助療法でニボルマブがDFSを有意に延長

 米Bristol Myers Squibb社は8月11日、切除可能食道癌または食道胃接合部癌の術後補助療法として、抗PD-1抗体ニボルマブは無病生存期間(DFS)を有意に延長できたと発表した。フェーズ3試験であるCheckMate-577試験の事前に規定された中間解析の結果示された。

この記事を読んでいる人におすすめ