日経メディカルのロゴ画像

切除不能悪性胸膜中皮腫の1次治療でニボルマブと抗CTLA-4抗体イピリムマブ併用の24カ月OS率は41%【WCLC2020】

 抗PD-1抗体ニボルマブと抗CTLA-4抗体イピリムマブの併用療法は、切除不能悪性胸膜中皮腫の1次治療として標準的な化学療法(ペメトレキセドとシスプラチンまたはカルボプラチン)よりも有意に全生存期間(OS)を延長することが明らかとなった。フェーズ3試験であるCheckMate-743試験の既定されていた独立データモニタリング委員会による中間解析の結果示されたもので、ニボルマブとイピリムマブを併用した群の24カ月OS率は41%だった。

この記事を読んでいる人におすすめ