日経メディカルのロゴ画像

再発・難治性のDLBCLを対象に抗CD19抗体tafasitamab-cxixとレナリドミドの併用療法が米国で迅速承認

 ドイツMorphoSys社と米Incyte社は7月31日、抗CD19抗体tafasitamab-cxixについて、再発・難治性のびまん性大細胞型B細胞性リンパ腫DLBCL)を対象にレナリドミドとの併用療法が米食品医薬品局(FDA)に迅速承認されたと発表した。再発・難治性のDLBCLの2次治療が米国で承認されたのは初めて。tafasitamab-cxixは、FDAから優先審査、ブレークスルーセラピーなどの指定を受けていた。

この記事を読んでいる人におすすめ