日経メディカルのロゴ画像

進展型小細胞肺癌の1次治療で化学療法とデュルバルマブの併用療法が欧州で承認推薦

 英AstraZeneca社は7月27日、進展型小細胞肺癌(SCLC)に対する1次治療として、化学療法(エトポシド+白金系抗癌薬)と抗PD-L1抗体デュルバルマブの併用療法について、欧州医薬品庁(EMA)の医薬品委員会(CHMP)から承認推薦を得たと発表した。

この記事を読んでいる人におすすめ