日経メディカルのロゴ画像

BRCA変異を持つ進行膵癌の1次治療後の維持療法としてオラパリブが欧州で承認、日本は申請中

 英AstraZeneca社と米Merck社は7月8日、PARP阻害薬オラパリブについて、生殖細胞系列にBRCA変異を持つ進行膵癌の1次治療後の維持療法として欧州で承認されたと発表した。

この記事を読んでいる人におすすめ