日経メディカルのロゴ画像

BRAF変異陽性大腸癌でエンコラフェニブとセツキシマブの併用、ビニメチニブを加えた3剤併用でCEAの低下はOS改善に関連【WCGC2020】

2020/07/04
八倉巻尚子=医学ライター

 BRAF V600E変異陽性の進行大腸癌患者において、BRAF阻害薬エンコラフェニブと抗EGFR抗体セツキシマブの2剤併用、およびMEK阻害薬ビニメチニブを加えた3剤併用によって、癌胎児性抗原CEA)は低下し、CEA低下は全生存期間(OS)の改善に関連することが、フェーズ3試験のBEACON CRC試験の探索的解析で示された。7月1日から4日まで開催されているthe ESMO World Congress on Gastrointestinal Cancer 2020-Virtual(WCGC2020)で、米West Cancer CenterのAxel Grothey氏らが発表した。

この記事を読んでいる人におすすめ