日経メディカルのロゴ画像

早期大腸癌の術後補助療法はT4患者以外にはCAPOXの3カ月投与で良い可能性【WCGC2020】

 高リスクステージ2、ステージ3の大腸癌の術後補助療法は、T4患者以外についてはCAPOXの3カ月投与で良い可能性が明らかとなった。IDEA試験の一部として国内で実施されたACHIEVE試験ACHIEVE-2試験のデータを統合して解析した結果示された。N2であってもT4でなければ、CAPOXの3カ月投与で6カ月投与と同等の効果を示した。7月1日から4日までバーチャル形式で行われているthe 2020 ESMO World Congress on GI Cancer (WCGC2020)で、横浜市立大学の山中竹春氏が発表した。

この記事を読んでいる人におすすめ