日経メディカルのロゴ画像

進行胆嚢癌の2次治療としてカペシタビン+イリノテカンとイリノテカン単剤の有効性は同様の可能性【WCGC 2020】

2020/07/03
森下紀代美=医学ライター

 1次治療で増悪した進行胆嚢癌に対し、カペシタビンイリノテカンの併用療法(CAPIRI療法)は、イリノテカン単剤療法と比較して有効性に差はないとみられることが、インドで行われたフェーズ2のランダム化比較試験GB-SELECTから示された。奏効率はCAPIRI療法で高かったが、臨床的有効率(CBR)は同様だった。7月1日から4日までバーチャル形式で開催されているESMO World Congress on Gastrointestinal Cancer(WCGC 2020)で、インドAll India Institute of Medical Sciences(AIIMS)のAnant Ramaswamy氏が発表した。

この記事を読んでいる人におすすめ