日経メディカルのロゴ画像

移植適応のないアグレッシブ再発・難治性大細胞型B細胞リンパ腫の2次治療にCAR-T細胞療法Lisocabtagene Maraleucelは高い奏効率【EHA2020】

2020/06/14
八倉巻尚子=医学ライター

 CD19を標的としたCAR-T細胞療法であるLisocabtagene Maraleucel liso-celJCAR017)は、高齢や全身状態が不良などで移植適応とならない再発・難治性アグレッシブ大細胞型B細胞リンパ腫の2次治療として、高い奏効率と安全性が認められることが、多施設共同オープンラベルのフェーズ2試験(TRANSCEND-PILOT-017006)で明らかになった。米国Levine Cancer InstituteのNilanjan Ghosh氏らが、6月11日から開催されている欧州血液学会(EHA25 Virtual Congress)で発表した。

この記事を読んでいる人におすすめ