日経メディカルのロゴ画像

ベースラインでBCR-ABL1遺伝子レベルが1%以下のCP-CML患者でasciminib(ABL001)が有効な可能性【EHA2020】

 国際指標で補正されたBCR-ABL1遺伝子レベル(BCR-ABLIS)がベースラインで1%以下の慢性期の慢性骨髄性白血病(CP-CML)患者で、BCR-ABL特異的アロステリック阻害薬asciminibABL001)が有効な可能性が明らかとなった。数多くの治療を受け、チロシンキナーゼ阻害薬(TKI)に再発/難治性または不耐容のフィラデルフィア染色体陽性CML患者を対象に行われているフェーズ1試験において、BCR-ABLIS 1%以下の患者について解析した結果示された。

この記事を読んでいる人におすすめ