日経メディカルのロゴ画像

再発・難治性多発性骨髄腫に対するVd療法へのselinexor追加でPFS延長と末梢神経障害の減少【ASCO2020】

2020/06/02
中西美荷=医学ライター

 再発または難治性の多発性骨髄腫(r/r MM)の無増悪生存期間(PFS)が、ボルテゾミブデキサメタゾン(Vd療法)にselinexorを加えた3剤併用療法(SVd療法)により有意に延長することが、BOSTON試験で示された。ボルテゾミブで問題となる末梢神経障害(PN)が有意に減少することも明らかになった。5月29日から31日までVirtual Formatで開催された米国臨床腫瘍学会年次集会(ASCO 2020)で、ギリシャNational and Kapodistrian University of AthensのMeletios A. Dimopoulos氏が報告した。

この記事を読んでいる人におすすめ