日経メディカルのロゴ画像

新規診断多発性骨髄腫の導入治療にカルフィルゾミブ3剤併用はボルテゾミブ3剤併用と比べ有意差示さず【ASCO2020】

2020/06/01
八倉巻尚子=医学ライター

 新規診断多発性骨髄腫(NDMM)の導入治療として、プロテアソーム阻害薬カルフィルゾミブレナリドミドデキサメタゾンの3剤併用療法(KRd)は、ボルテゾミブレナリドミドデキサメタゾンの3剤併用療法(VRd)に比べて有意な生存改善は認めないことが、無作為化フェーズ3試験ENDURANCE(E1A11)で明らかになった。抗腫瘍効果はKRdのほうが高い傾向があった。5月31日に行われた米国臨床腫瘍学会(ASCO2020)のプレナリーセッションで、米国Mayo ClinicのShaji K. Kumar氏らが発表した。

この記事を読んでいる人におすすめ