日経メディカルのロゴ画像

体細胞系列BRCA1/2遺伝子変異、生殖細胞系列PALB2遺伝子変異のある進行乳癌にオラパリブ単剤は有効【ASCO2020】

2020/06/01
八倉巻尚子=医学ライター

 体細胞系列BRCA1/2遺伝子変異および生殖細胞系列PALB2遺伝子変異がある進行乳癌患者でオラパリブ単独療法は有効であることが、フェーズ2試験TBCRC 048で明らかになった。5月29日から31日までバーチャルミーティング形式で行われた米国臨床腫瘍学会(ASCO2020)で、米国Beth Israel Deaconess Medical Center/Dana-Farber Cancer InstituteのNadine M. Tung氏らが発表した。

この記事を読んでいる人におすすめ