日経メディカルのロゴ画像

HER2遺伝子変異を持つ進行NSCLCにトラスツズマブ デルクステカンが高い奏効率、効果の持続性も確認【ASCO2020】

 抗HER2抗体薬物複合体であるトラスツズマブ デルクステカンT-DXdDS-8201)が、HER2遺伝子変異を有する進行非小細胞肺癌(NSCLC)に有効である可能性が明らかとなった。進行中のフェーズ2試験であるDESTINY-Lung01試験の中間解析で高い奏効率と持続的な効果が認められた。5月29日から31日までVirtual形式で開催されている米国臨床腫瘍学会(ASCO2020)で、オランダNetherlands Cancer InstituteのEgbert F. Smit氏が発表した。

この記事を読んでいる人におすすめ