日経メディカルのロゴ画像

トラスツズマブ デルクステカンがHER2陽性の既治療進行胃癌の奏効率と全生存期間を有意に改善【ASCO2020】

 HER2陽性の既治療進行胃・胃食道接合部腺癌に対して、抗HER2抗体薬剤複合体製剤トラスツズマブ デルクステカンT-DXdDS-8201)が奏効率と全生存期間(OS)を有意に改善できることが明らかとなった。無作為化多施設オープンラベルフェーズ2試験であるDESTINY-Gastric01試験で、主要評価項目が達成された。5月29日から31日までVirtual形式で開催されている米国臨床腫瘍学会(ASCO2020)で、国立がん研究センター東病院の設樂紘平氏によって発表された。

この記事を読んでいる人におすすめ