日経メディカルのロゴ画像

術前療法で残存病変があったHER2陽性乳癌の術後補助療法でのT-DM1の効果をART、HTの状態に関わらず確認【ESMO Breast2020】

 術前補助療法を受けて残存病変があったHER2陽性早期乳癌に対する術後補助療法として、抗体-薬物複合体T-DM1がトラスツズマブよりも有意に浸潤癌のない生存期間(iDFS)を延長できることは、術後補助放射線療法(ART)、内分泌療法(HT)を受けた患者でも受けなかった患者でも認められることが明らかとなった。また、手術時の検体でHER2陰性となっていても、T-DM1は有効で手術時のHER2発現再検査は必要ない可能性も示された。

この記事を読んでいる人におすすめ