日経メディカルのロゴ画像

BRCA変異陽性HER2陰性乳癌への化学療法にveliparib追加のPFS延長効果をHR陽性とTNBCのどちらでも確認【ESMO Breast2020】

 生殖細胞系列のBRCA遺伝子(gBRCA)変異陽性のHER2陰性進行乳癌に対し、PARP1/2阻害薬veliparibをCP療法(カルボプラチン、パクリタキセル)に追加することで、CP療法のみよりも無増悪生存期間(PFS)を延長する効果は、ホルモン受容体(HR)陽性乳癌患者とトリプルネガティブ乳癌患者のどちらのサブグループでも認められることが明らかとなった。gBRCA変異陽性のHER2陰性進行乳癌でveliparib追加によりPFSを有意に延長できることを示したフェーズ3試験であるBROCADE3試験のサブグループ解析の結果示された。

この記事を読んでいる人におすすめ