日経メディカルのロゴ画像

既治療のBRAF V600E変異陽性進行大腸癌へのエンコラフェニブとセツキシマブの併用療法が欧州で肯定的意見

 フランスPierre Fabre社は5月1日、 既治療のBRAF V600E変異を有する進行大腸癌を対象に、BRAF阻害薬エンコラフェニブ抗EGFR抗体セツキシマブの併用療法が欧州医薬品庁(EMA)の医薬品委員会(CHMP)から承認に肯定的な意見を得たと発表した。既治療のBRAF V600E変異陽性進行大腸癌へのエンコラフェニブとセツキシマブの併用療法は、米食品医薬品局(FDA)から4月に承認を獲得している(関連記事)。

この記事を読んでいる人におすすめ