日経メディカルのロゴ画像

高リスクHER2陰性ステージII/III乳癌の術前薬物療法でパクリタキセルにデュルバルマブ/オラパリブの併用はpCR率37%に【AACR2020】

2020/04/30
中西美荷=医学ライター

 高リスクのHER2陰性(HER2-)ステージII/III乳がんに対する術前薬物療法として、パクリタキセルデュルバルマブオラパリブを併用することにより、病理学的完全寛解(pCR)率がほぼ倍へと改善されることがI-SPY2試験により明らかになった。同レジメンはI-SPY2を“卒業”してフェーズ3試験へと進む。4月27日と28日にVirtual Meetingとして開催されたAmerican Association of Cancer Research Annual Meeting 2020で、米Yale UniversityのLajos Puztstai氏が報告した。

この記事を読んでいる人におすすめ