日経メディカルのロゴ画像

原発性乳癌で診断時のESR1遺伝子変異は術後内分泌療法の選択に役立つ可能性【AACR2020】

2020/04/28
八倉巻尚子=医学ライター

 早期の原発性乳癌においてESR1遺伝子変異の頻度は低いが、ESR1遺伝子変異は内分泌療法への抵抗性と予後不良につながる可能性が、大規模な前向き観察研究(SCAN-B study)における解析で示唆された。4月27日と28日にバーチャルミーティングとなったAmerican Association for Cancer Research Annual Meeting(AACR2020)で、スウェーデンLund UniversityのMalin Dahlgren氏らが発表した。

この記事を読んでいる人におすすめ