日経メディカルのロゴ画像

抗Pカドヘリン抗体にイットリウムを結合させたFF-21101が進行固形癌を対象にフェーズ1を開始

 富士フイルム富山化学は4月24日、Pカドヘリンに対するヒトマウスキメラモノクローナル抗体に放射性同位元素のイットリウムを結合させた製剤であるFF-21101について、日本で進行固形癌を対象にフェーズ1試験を開始したと発表した。

この記事を読んでいる人におすすめ