日経メディカルのロゴ画像

進展型小細胞肺癌の1次治療で化学療法とデュルバルマブ、トレメリムマブの併用はOSを有意に延長できず

2020/03/17
横山勇生=編集委員

 進展型小細胞肺癌(ES-SCLC)に対する1次治療として、標準的化学療法(エトポシド+白金系抗癌薬)と抗PD-L1抗体デュルバルマブ、抗CTLA-4抗体トレメリムマブの併用投与は、化学療法のみと比べて全生存期間(OS)を有意に延長をできなかったことが明らかとなった。フェーズ3試験であるCASPIAN試験の2番目の試験群の解析の結果明らかとなった。英AstraZeneca社が3月17日に発表した。

この記事を読んでいる人におすすめ