日経メディカルのロゴ画像

国立がん研究センターなどが日本人肺腺癌の新規治療標的候補を同定

 国立がん研究センター、順天堂大学、日本医療研究開発機構は、2月26日、国立がん研究センター研究所細胞情報学主任研究員の高阪真路氏、分野長の間野博行氏、順天堂大学人体病理病態学講座准教授の林大久生氏、同大呼吸器外科学講座の准教授の高持一矢氏らの研究グループが、日本人の軽喫煙者・非喫煙者の肺腺癌の遺伝子異常について解析した結果、ドライバー遺伝子陰性肺腺癌の約7割で治療の標的となり得る遺伝子変異が存在すること、新たな癌遺伝子としてNRG2融合遺伝子を同定したと発表した。さらに、手術後再発のリスクの予測に重要な3種類の遺伝子を同定できたとしている。

 研究結果の詳細は、Journal of Thoracic Oncology誌に2月26日付で掲載された。

 研究グループは、日本人の非喫煙者・軽喫煙者の肺腺癌996例を調べ、従来の検査では明らかな癌遺伝子 (KRAS、EGFR、ALK、RET、ROS1の遺伝子変異)が見つからない125症例(男性30症例、女性95症例)について、次世代シークエンサーを用いた全エクソーム解析、全トランスクリプトーム解析を行った。その結果、解析した症例の約70%で、従来の検査では同定できなかった標的となり得る癌の遺伝子変異を同定することができたという。さらに、特に全く新たな癌遺伝子として、NRG2融合遺伝子を同定することに成功した。

 NRG2融合遺伝子は、CD74遺伝子とNRG2遺伝子が欠失などによって作りだされる遺伝子。NRG融合遺伝子はEGFドメイン構造を有していることが特徴。類似の遺伝子であるNRG1融合遺伝子の異常な増殖シグナルを抑える抗癌薬の開発が進んでおり、現在、国際臨床試験の開始が予定されているという。NRG2融合遺伝子もNRG1と同様のメカニズムで癌化を誘導している可能性が高いため、NRG1融合遺伝子と同様に治療の標的となり得ることが期待される。

 また、研究グループは、全トランスクリプトーム解析で、術後再発のリスクを予測するマーカーを同定することができたことも明らかにした。炎症反応に関連するCCL8MIS18AC1orf131遺伝子の発現量に基づき算出したリスクスコアで、高リスク群、低リスク群に層別化すると、両者の間に無再発生存期間と全生存期間で有意な差があったとしている。

この記事を読んでいる人におすすめ