日経メディカルのロゴ画像

ドセタキセル治療歴があり新規AR標的薬で1年以内に増悪したmCRPCには新規AR標的薬よりカバジタキセルがQOLも優れる【ASCO GU2020】

ドセタキセル治療歴があり新規AR標的薬で1年以内に増悪したmCRPCには新規AR標的薬よりカバジタキセルがQOLも優れる【ASCO GU2020】の画像

 ドセタキセルによる治療歴があり、新規アンドロゲン受容体(AR)標的薬(アビラテロン、エンザルタミド)の投与から12カ月以内に進行した転移性去勢抵抗性前立腺癌(mCRPC)に対し、3次治療でのカバジタキセルは新規AR標的薬に比べて疼痛緩和が多く認められ、骨関連イベントの発生と健康関連QOLの増悪を遅らせることが明らかとなった。無作為化オープンラベルのCARD試験の、疼痛に対する効果と健康関連QoLの解析の結果示された。

この記事を読んでいる人におすすめ