日経メディカルのロゴ画像

ペムブロリズマブと化学療法の併用がPD-L1陽性進行トリプルネガティブ乳癌のPFSを有意に延長

ペムブロリズマブと化学療法の併用がPD-L1陽性進行トリプルネガティブ乳癌のPFSを有意に延長の画像

 米Merck社は2月12日、PD-L1発現陽性(Combined Positive Score[CPS]が10以上)の進行トリプルネガティブ乳癌の1次治療として、抗PD-1抗体ペムブロリズマブと化学療法の併用が、化学療法のみの場合よりも有意に無増悪生存期間(PFS)を延長できることが判明したと発表した。フェーズ3試験KEYNOTE-355試験の独立データモニタリング委員会による中間解析の結果示された。PFSはKEYNOTE-355試験の主要評価項目の1つだった。もう1つの主要評価項目である全生存期間(OS)の評価のために試験は継続されている。

この記事を読んでいる人におすすめ