日経メディカルのロゴ画像

進行大腸癌化学療法中の悪液質発現は生存期間に悪影響【ASCO GI2020】

進行大腸癌化学療法中の悪液質発現は生存期間に悪影響【ASCO GI2020】の画像

 進行大腸癌に対する化学療法中に悪液質が起こることは、生存期間に悪い影響が出る可能性が明らかとなった。愛知県がんセンターで行われたレトロスペクティブな解析の結果、悪液質が全生存期間(OS)に悪影響を及ぼす因子として同定された。1月23日から25日まで米サンフランシスコで開催されたGastrointestinal Cancers Symposium(ASCO GI2020)で愛知県がんセンターの能澤一樹氏が発表した。

この記事を読んでいる人におすすめ