日経メディカルのロゴ画像

AFP高値肝細胞癌に対するラムシルマブ投与はベースラインのBCLCステージに関わらず有効【ASCO GI2020】

AFP高値肝細胞癌に対するラムシルマブ投与はベースラインのBCLCステージに関わらず有効【ASCO GI2020】の画像

 αフェトプロテイン(AFP)高値の肝細胞癌に対するラムシルマブの投与は、ベースラインのBCLCステージに関わらず有効である可能性が明らかとなった。ラムシルマブの効果を評価した2件のフェーズ3試験であるREACH試験とREACH-2試験の結果をプール解析した結果、BCLCステージCだけでなく、症例数は多くはないがBCLCステージBでも効果が確認された。1月23日から25日まで米サンフランシスコで開催されたGastrointestinal Cancers Symposium(ASCO GI2020)で、近畿大学の工藤正俊氏が発表した。

この記事を読んでいる人におすすめ