日経メディカルのロゴ画像

進行胃癌へのニボルマブ投与で急性増悪患者のPFSとOSは急性増悪でないPD患者と同等【ASCO GI2020】

進行胃癌へのニボルマブ投与で急性増悪患者のPFSとOSは急性増悪でないPD患者と同等【ASCO GI2020】の画像

 進行胃癌に対するニボルマブ投与で、腫瘍の増殖率が前治療の2倍以上と定義した急性増悪(HPD:Hyper progressive disease)が起きた場合でも、無増悪生存期間(PFS)と全生存期間(OS)は非HPDである増悪(PD)と差がないことが示された。日本における多施設のレトロスペクティブな研究の結果示された。1月23日から25日まで米サンフランシスコで開催されているGastrointestinal Cancers Symposium(ASCO GI2020)で、がん研有明病院の鈴木健氏が発表した。

この記事を読んでいる人におすすめ