日経メディカルのロゴ画像

進行胃癌に対するレンバチニブと抗PD-1抗体ペムブロリズマブの併用が有効な可能性【ASCO GI2020】

進行胃癌に対するレンバチニブと抗PD-1抗体ペムブロリズマブの併用が有効な可能性【ASCO GI2020】の画像

 進行胃癌に対してレンバチニブと抗PD-1抗体ペムブロリズマブの併用が有効な可能性が明らかとなった。国立がん研究センター東病院で行われたオープンラベルフェーズ2試験であるEPOC1706試験の結果、副作用は受容可能な範囲で高い奏効率を示した。1月23日から25日まで米サンフランシスコで開催されているGastrointestinal Cancers Symposium(ASCO GI2020)で、国立がん研究センター東病院の川添彬人氏が発表した。

この記事を読んでいる人におすすめ