日経メディカルのロゴ画像

PDGFAエクソン18に変異を持つ進行GISTを対象にavapritinibが米国で承認

PDGFAエクソン18に変異を持つ進行GISTを対象にavapritinibが米国で承認の画像

 米食品医薬品局(FDA)は1月9日、血小板由来成長因子受容体α(PDGFA)のエクソン18に変異を有する進行消化管間質腫瘍(GIST)を対象に、リン酸化酵素阻害薬avapritinib(BLU-285)を承認したと発表した。対象となる変異にはPDGFRAエクソン18変異の中で最も多いD842V変異も含まれている。エクゾン18変異を有するGIST患者は、標準療法に反応しないことが分かっている。

この記事を読んでいる人におすすめ