日経メディカルのロゴ画像

TNBCの術前化学療法へのペムブロリズマブの追加は悪性度が高い患者でpCR率の増加が高い可能性【SABCS2019】

TNBCの術前化学療法へのペムブロリズマブの追加は悪性度が高い患者でpCR率の増加が高い可能性【SABCS2019】の画像

 早期のトリプルネガティブ乳癌(TNBC)に対する、プラチナ製剤を含む術前化学療法へのペムブロリズマブの追加は、より悪性度が高い患者でpCRの増加が多く得られる可能性が明らかとなった。術前化学療法にペムブロリズマブを追加することがプラセボと比べて病理学的完全奏効(pCR)率を有意に上昇させることを示したフェーズ3試験であるKEYNOTE-522試験の、中間解析のさらに詳細な結果で示されたもの。12月10日から14日まで米国サンアントニオで開催されているサンアントニオ乳癌シンポジウム(SABCS2019)で、英Barts Cancer Institute、Queen Mary University LondonのPeter Schmid氏が発表した。

この記事を読んでいる人におすすめ