日経メディカルのロゴ画像

CAR-T細胞療法薬JNJ-68284528が再発・難治性多発性骨髄腫で奏効率100%を示す【ASH2019】

CAR-T細胞療法薬JNJ-68284528が再発・難治性多発性骨髄腫で奏効率100%を示す【ASH2019】の画像

  BCMA(B-Cell Maturation Antigen)標的単ドメイン抗体2つを含んだCAR-T細胞療法薬であるJNJ-68284528(JNJ-4528)が、再発・難治性多発性骨髄腫に有効である可能性が明らかとなった。米国で進行中のフェーズ1b/2試験であるCARTITUDE-1のフェーズ1b部分の結果、速やかで深い抗腫瘍効果と忍容性が認められた。奏効率は100%だった。12月7日から10日まで米国オーランドで開催されている米国血液学会(ASH2019)で、米Mount Sinai Medical centerのDeepu Madduri氏によって発表された。

この記事を読んでいる人におすすめ