日経メディカルのロゴ画像

新規診断多発性骨髄腫患者に対する導入療法後の継続/維持療法の有用性が日本の実臨床で確認【ASH2019】

新規診断多発性骨髄腫患者に対する導入療法後の継続/維持療法の有用性が日本の実臨床で確認【ASH2019】の画像

 新規診断多発性骨髄腫患者に対する導入療法後の継続/維持療法は、日本の実臨床でも有用なことが確かめられた。移植できた患者には維持療法を行うことで無増悪生存期間(PFS)の有意な延長が、移植できなかった患者には継続療法を行うことで、PFSと全生存期間(OS)に有意な改善が認められた。日本骨髄腫学会のレトロスペクティブな多施設共同研究の結果から示された。12月7日から10日まで米国オーランドで開催されている米国血液学会(ASH2019)で、徳島県立中央病院の尾崎修治氏が発表した。

この記事を読んでいる人におすすめ