日経メディカルのロゴ画像

BTK阻害薬チラブルチニブが原発性マクログロブリン血症に有効性を示す【ASH2019】

BTK阻害薬チラブルチニブが原発性マクログロブリン血症に有効性を示す【ASH2019】の画像

 第2世代ブルトン型チロシンキナーゼ(BTK)阻害薬であるチラブルチニブの単剤投与が、未治療並びに再発または難治性のワルデンシュトレームマクログロブリン血症(WM、原発性マクログロブリン血症)に有効である可能性が明らかとなった。日本で実施されたフェーズ2試験で高い奏効率が得られ、忍容性も確認された。12月7日から10日まで米国オーランドで開催されている米国血液学会(ASH2019)で、国立がん研究センター中央病院の伊豆津宏二氏が発表した。

この記事を読んでいる人におすすめ