日経メディカルのロゴ画像

NRG1融合遺伝子陽性固形癌に抗HER2/HER3特異性抗体MCLA-128が有効である可能性【AACR-NCI-EORTC2019】

NRG1融合遺伝子陽性固形癌に抗HER2/HER3特異性抗体MCLA-128が有効である可能性【AACR-NCI-EORTC2019】の画像

 NRG1(neuregulin1)融合遺伝子を有する固形癌に、HER2/HER3を標的とした2特異性抗体であるMCLA-128が有効である可能性が明らかとなった。NGSでNRG1融合遺伝子が同定された患者にMCLA-128を投与したところ、3人全員で腫瘍縮小効果が認められた。10月26日から30日まで米ボストンで開催されているAACR-NCI-EORTC International Conference on Molecular Targets and Cancer Therapeutics(AACR-NCI-EORTC2019)で、米Memorial Sloan Kettering Cancer Center(MSK)のAlison Schram氏によって発表された。

この記事を読んでいる人におすすめ