日経メディカルのロゴ画像

血中遊離DNAのモニタリングで肺癌の増悪・獲得耐性の早期検出が可能、FLAURAの探索的解析【ESMO2019】

2019/10/01
八倉巻尚子=医学ライター
血中遊離DNAのモニタリングで肺癌の増悪・獲得耐性の早期検出が可能、FLAURAの探索的解析【ESMO2019】の画像

 未治療の進行非小細胞肺癌(NSCLC)で、血漿中に遊離した腫瘍DNAの縦断的なモニタリングにより、RECIST基準の病勢増悪(PD)の前に、増悪あるいは獲得耐性を早期に検出できる可能性が、EGFR-TKIオシメルチニブのフェーズ3試験FLAURAの探索的解析で明らかになった。9月27日から10月1日までスペイン・バルセロナで開催されている欧州臨床腫瘍学会(ESMO2019)で、米国H. Lee Moffitt Cancer Center and Research InstituteのJhanelle E. Gray氏らが発表した。

この記事を読んでいる人におすすめ