日経メディカルのロゴ画像

血液検体を用いたNGSによる遺伝子検査でALK陽性肺癌の治療選択が可能【ESMO2019】

2019/10/01
八倉巻尚子=医学ライター
血液検体を用いたNGSによる遺伝子検査でALK陽性肺癌の治療選択が可能【ESMO2019】の画像

 治療歴がない進行ALK陽性非小細胞肺癌(NSCLC)患者において、血液検体を用いて次世代シーケンサー(NGS)で検出された遺伝子異常に基づいて治療薬を選択し、治療薬の有効性を前向きに検討する多施設共同フェーズ2/3試験BFASTにおいて、ALK陽性患者を同定し、かつアレクチニブのフェーズ3試験と同等の有効性も確認された。9月27日から10月1日までスペイン・バルセロナで開催されている欧州臨床腫瘍学会(ESMO2019)で、米国Rogel Cancer Center/ University of MichiganのShirish M. Gadgeel氏らが発表した。

この記事を読んでいる人におすすめ