日経メディカルのロゴ画像

BRCA遺伝子変異陽性のHER2陰性進行乳癌でveliparibがPFSを有意に延長、3年PFS率は26%【ESMO2019】

2019/10/01
森下紀代美=医学ライター
BRCA遺伝子変異陽性のHER2陰性進行乳癌でveliparibがPFSを有意に延長、3年PFS率は26%【ESMO2019】の画像

 生殖細胞系列のBRCA遺伝子(gBRCA)変異陽性のHER2陰性進行乳癌に対し、PARP1/2阻害薬veliparibをCP療法(カルボプラチン、パクリタキセル)に追加すると、CP療法のみよりも無増悪生存期間(PFS)を有意に延長することが、フェーズ3のBROCADE3試験から示された。Veliparibの忍容性も良好だった。9月27日から10月1日までスペイン・バルセロナで開催されている欧州臨床腫瘍学会(ESMO2019)で、フランスCentre Eugene MarquisのVeronique Dieras氏が発表した。

この記事を読んでいる人におすすめ