日経メディカルのロゴ画像

アテゾリズマブ単剤によるNSCLCの1次治療でTMBは効果予測バイオマーカー、B-F1RSTの最終解析【ESMO2019】

2019/10/01
八倉巻尚子=医学ライター
アテゾリズマブ単剤によるNSCLCの1次治療でTMBは効果予測バイオマーカー、B-F1RSTの最終解析【ESMO2019】の画像

 非小細胞肺癌(NSCLC)の1次治療としてアテゾリズマブを投与した患者において、血液検体から測定した腫瘍の体細胞遺伝子変異量(TMB)は効果予測マーカーであり、さらにCRP値の低下も良好な臨床結果と関連することが、前向きフェーズ2試験B-F1RSTの最終解析で明らかになった。9月27日から10月1日までスペイン・バルセロナで開催されている欧州臨床腫瘍学会(ESMO2019)で、米国AdventHealth Cancer InstituteのMark Socinski氏らが発表した。

この記事を読んでいる人におすすめ