日経メディカルのロゴ画像

早期TNBCの術前・術後療法にペムブロリズマブを加えることでpCRを有意に改善【ESMO2019】

2019/10/01
森下紀代美=医学ライター
早期TNBCの術前・術後療法にペムブロリズマブを加えることでpCRを有意に改善【ESMO2019】の画像

 早期のトリプルネガティブ乳癌(TNBC)に対し、プラチナ製剤を含む術前化学療法にペムブロリズマブを追加し、術後にペムブロリズマブを投与すると、プラセボと比べて病理学的完全奏効(pCR)率が有意かつ臨床的に意義のある上昇を示し、無イベント生存率(EFS)も良好な傾向を示すことが、フェーズ3のKEYNOTE-522試験の中間解析から示された。同試験は、早期のTNBCを対象として、術前/術後療法としてペムブロリズマブをプラセボ対照のランダム化比較試験で前向きに評価した初の試験となった。9月27日から10月1日までスペイン・バルセロナで開催されている欧州臨床腫瘍学会(ESMO2019)で、英Barts Cancer Institute、Queen Mary University LondonのPeter Schmid氏が発表した。

この記事を読んでいる人におすすめ