日経メディカルのロゴ画像

アベルマブとアキシチニブの併用療法は日本人の進行RCCの1次治療としても有効【ESMO2019】

アベルマブとアキシチニブの併用療法は日本人の進行RCCの1次治療としても有効【ESMO2019】の画像

 未治療の進行腎細胞癌(RCC)に対する抗PD-L1抗体アベルマブとアキシチニブの併用療法がスニチニブ単剤投与よりも有意に無増悪生存期間(PFS)を延長できることが日本人でも確認された。フェーズ3試験であるJAVELIN Renal 101試験の日本人データの解析の結果示された。日本人の安全性プロファイルは、一般的に全体と同様だったが、手足症候群と甲状腺機能低下症は日本人で発現頻度が高く、倦怠感は日本人で低かった。

この記事を読んでいる人におすすめ