日経メディカルのロゴ画像

再発・転移性子宮頸癌に対しニボルマブ+イピリムマブは有効で安全に投与できる可能性【ESMO2019】

2019/09/30
八倉巻尚子=医学ライター
再発・転移性子宮頸癌に対しニボルマブ+イピリムマブは有効で安全に投与できる可能性【ESMO2019】の画像

 再発・転移性子宮頸癌に対し、ニボルマブ+イピリムマブは有効で、安全に投与でき、特に治療歴がない患者で効果が期待できることが、非盲検多施設国際共同フェーズ1/2試験CheckMate-358で明らかになった。9月27日から10月1日までスペイン・バルセロナで開催されている欧州臨床腫瘍学会(ESMO2019)で、スペインVall d’Hebron Institute of OncologyのAna Oaknin氏が発表した。

この記事を読んでいる人におすすめ