日経メディカルのロゴ画像

cT4aN+M0またはcT4b/N+M0の局所進行胃癌には周術期SOX療法が有効【ESMO2019】

cT4aN+M0またはcT4b/N+M0の局所進行胃癌には周術期SOX療法が有効【ESMO2019】の画像

 cT4aN+M0またはcT4b/N+M0の局所進行胃癌に対して、術前と術後にSOX療法(S-1+オキサリプラチン)を行うことが標準治療の1つになり得ることが明らかとなった。術前と術後にSOX療法を行う群、術後にSOX療法を行う群、術後にXELOX療法(カペシタビン+オキサリプラチン)を行う群を比較した中国で行われたフェーズ3試験であるRESOLVE試験の結果、示されたもの。3年無病生存(DFS)率について、術前と術後にSOX療法は術後XELOX療法に優越性を示し、術後SOX療法は術後XELOX療法に非劣性を示した。

この記事を読んでいる人におすすめ