日経メディカルのロゴ画像

HR陽性HER2陽性乳癌にアベマシクリブ+トラスツズマブ+フルベストラントはトラスツズマブ+化学療法に比べ有意にPFSを改善【ESMO2019】

2019/09/29
八倉巻尚子=医学ライター
HR陽性HER2陽性乳癌にアベマシクリブ+トラスツズマブ+フルベストラントはトラスツズマブ+化学療法に比べ有意にPFSを改善【ESMO2019】の画像

 ホルモン受容体(HR)陽性HER2陽性の進行乳癌に対し、CDK4/6阻害薬アベマシクリブとトラスツズマブ、フルベストラントの併用は、トラスツズマブと化学療法を投与した場合に比べて、有意に無増悪生存期間(PFS)を改善し、奏効率も良好であったことが、無作為化フェーズ2試験monarcHERで明らかになった。9月27日から10月1日までスペイン・バルセロナで開催されている欧州臨床腫瘍学会(ESMO2019)で、米国Dana-Farber Cancer InstituteのSara M Tolaney氏らが発表した。

この記事を読んでいる人におすすめ